基本ルール

  • 原則Mリーグに準ずる
  • 半荘戦で行う
  • 全自動配牌卓を使用
  • 場所決めは東南西北の掴み取り。東を引いた者はあらかじめ決められた場所に座り、そのまま起家となる
  • 喰いタン後ヅケあり
  • 25,000点持ち、30,000点返し、ウマは10-30(順位点としてトップに+50p,2着+10p,3着▲10p,4着▲30p)
  • 子の7,700や2,000・3,900、親の11,600や3,900オールは切り上げ満貫とする
  • 順位は上家優先なし、同得点の場合は同順位
  • 一発、裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラあり
  • 赤五萬、赤五索、赤五筒は各1枚で全てドラ扱い
  • 連荘は親のアガリ、流局時テンパイにより成立
  • 途中流局なし
  • カンは1局につき4回まで。5回目以降のカンはできない
  • オーラスの親のテンパイ止め、アガリ止めなし
  • ハコ割れ終了はなし
  • 2翻縛りなし
  • ダブロン、トリプルロンなし、頭ハネ
  • ノーテンは場に3000点。形式テンパイあり(空テン、フリテンも可。自分の手牌でアガリ牌が消去されている場合はテンパイではない)
  • テンパイ宣言は東家、南家、西家、北家の順で行う
  • 本場は一本につき300点
  • 積み場の表示は100点棒を出さない
  • 自分のツモ番が無くてもリーチ可
  • 役満のパオはツモアガリの場合は責任払い、放銃者がいた場合は折半払い
  • 数え役満はなし
  • 人和はなし
  • 純粋な役満の複合あり
  • 半荘終了時の供託はトップ者に加算される
  • 時間打ち切り(〇分+1局)がある場合、アガリ・もしくは流局時に誰かが手牌を公開していた場合、次局に入ったものとみなす
  • 打牌速度制限を設ける。1局につき、5秒程度の少考は3回、10秒程度の少考は1回、30秒程度の少考は1回までとする。ただしこの範囲内であっても、運営が悪意があると判断した場合は失格処分とする場合がある。

*同卓者に高頻度で少考をする方がいる場合は立会をお呼びください。

 

以下の行為はアガリ放棄とする
アガリ放棄となったものは発声を伴う全ての行為を禁止とする(ポン・チー等)

  • 多牌、少牌
  • 誤発声(ツモ・ロンも含む)
  • 喰い替え
  • その他

 

以下の行為はチョンボとする。なおチョンボ者はトータルポイントから20pの減算となる

  • 誤ロン、誤ツモの後に手牌を公開した場合
  • ハイテイ勘違い等で手牌を公開した場合
  • ゲームの続行を不可能とした場合
  • アガリ放棄者が発声を伴う行為をした場合(ポン・チー等)

 

その他

  • その他トラブルや不明な点が起きた際は、卓内で解決せず運営の者を呼ぶものとする

 

大会マナー

  • 捨て牌は6枚切りとする
  • 対局開始時氏及び終了時に挨拶をする
  • 対局中の卓のボタン操作は常に次局の親が行う事とする
  • 開門該当者は嶺上牌をおろす
  • 発声は明確に行う
  • 理牌以外での両手使いなどは禁止とする
  • 掌中に牌を握っての摸打、牌を投げ捨てる行為、強打は禁止とする
  • 携帯電は電源を切るか、サイレントモードにし、バイブレーションも切る
  • 足組み、立て膝、立て肘は禁止とする
  • ツモ宣言牌は手配の横付近に、手配と離して置く
  • 伏せ牌は禁止
  • 小手返し等によって、ツモ切りが否かを不明にする行為は禁止
  • 手出しかツモ切りかを明確にするため、ツモ牌は手牌の中に入れない
  • 対局中は禁煙とする。喫煙は休憩中に所定の喫煙場所のみ可とする
  • 対局中の食事(アメやガムを含む)は禁止とする
  • 対局中の飲酒は禁止とする
PAGE TOP